recommended item

エヌドット(N.)ナチュラルバームとプロダクトヘアワックスの違いを美容師が教えます!

ここ数年かなりの人気を誇るスタイリング剤

  • エヌドット(N.)ナチュラルバーム
  • ザ・プロダクトヘアワックス

エヌドット(N.)ナチュラルバームとプロダクトワックス

今回の記事ではこちらの2種類のスタイリング剤を比較していきます。

エヌドット(N.)ナチュラルバーム

エヌドット(N.)ナチュラルバーム

2017年の4月に発売されたこちらのエヌドット(N.)ナチュラルバーム。発売以来SNSなどで人気が沸騰し、今現在では私の所属サロンでも定番人気商品となっています。

エヌドット(N.)ナチュラルバームの特徴

  • 手に取るときは硬めの質感のスタイリング剤ではあるが手でよく伸ばすとオイルのような伸びの良さ
  • 少し濡れたような雰囲気の動きのあるウェットヘアを作りたい時にオススメ
  • 香りはマンダリンオレンジ&ベルガモット
  • 保湿効果が高く使用後にハンドクリームとして使えるので手を洗わなくても大丈夫

エヌドット(N.)ナチュラルバームの成分

シア脂・ホホバ種子油・ミツロウ・シア脂油・マンダリンオレンジ果皮脂オレンジ果皮脂・ベルガモット果皮脂・パルマローザ油・ビターオレンジ葉/枝油・アルテミシアパレンス花/葉/茎油・トコフェロール

100%天然由来原料のみのノンシリコン商品となっています。

エヌドット(N.)ナチュラルバームがオススメな人

  • パーマをかけていて動きを出したい人で少し濡れたような質感に仕上げたい人(コテでよく巻く人も同様)
  • オイルというよりはワックス的なもので仕上げたい人
  • スタイリング剤をつけた後に手を洗うのが面倒だと感じてしまう人

ザ・プロダクトワックス

ザ・プロダクトワックス

2011年ごろに発売されたこちらの商品は近頃の保湿系スタイリング剤ブームの先駆け的存在かもしれません。

プロダクトワックスもエヌドット(N.)ナチュラルバームと同様に、100%天然由来原料で出来ています。

ザ・プロダクトワックスの特徴

  • エヌドット(N.)ナチュラルバーム同様硬めな質感ではあるがこちらも手でよく伸ばすと問題なく伸びる
  • ナチュラルバームほどはウェットな質感にならない
  • 香りはリンゴ系の香り
  • 使用後にリップやネイルのケア・ボディークリームにも使用可能
  • ナチュラルバームよりセット力は弱いイメージ

ザ・プロダクトワックスの成分

シア脂・ミツロウ・トコフェロール・マンダリンアレンジ果皮油・アロエベラ液汁

こちらもエヌドット(N.)ナチュラルバームと同じく100%天然由来原料のノンシリコン商品です。

ザ・プロダクトワックスがオススメな人

  • エヌドット(N.)ナチュラルバームほど濡れた質感を求めていない人
  • スタイリング後についでに全身のケアも賄いたい人(プロダクトの保湿効果により肘やかかとのケアにも使用可能です)

美容師が教えるエヌドット(N.)ナチュラルバームとプロダクトワックスの違いまとめ

濡れた質感

エヌドット(N.)ナチュラルバーム>>>ザ・プロダクトワックス

セット力

エヌドット(N.)ナチュラルバーム>>>ザ・プロダクトワックス

この濡れた質感とセット力に関しても僅差という感じで、残りの違いといえば匂いと全身に使用できるかどうかです。(ナチュラルバームは公式には髪の毛以外は手のみ)

成分的にも目的からしても美容師目線で見て非常に似ていると感じる2つの商品なので、香りや濡れた質感の好みに合わせてお選びください。

また、今回の他にもエヌドット(N.)の様々な商品の比較検証記事を書いています。

 

□オススメ記事

 

よろしければこちらの記事も参考にしてみてください。