オイルタイプとミルクタイプの洗い流さないトリートメント
hair tips

【洗い流さないトリートメント】オイルとミルクの違いや特徴・選び方を現役美容師が解説!

美容師をしているものです。

日頃、サロンでお客様から聞かれる質問の上位に入るのが

『洗い流さないトリートメントってオイルを使えばいいの?ミルクを使えばいいの?』

という質問です。

オイルタイプとミルクタイプの洗い流さないトリートメント

今回の記事では、今更聞けない洗い流さないトリートメントのオイルタイプとミルクタイプの違いについて解説していきます。

オイルタイプの洗い流さないトリートメントの特徴

オイルを手に出した様子

オイルタイプの洗い流さないトリートメントの一番のメリットはオイルで髪表面をコーティングすることです。

メリット

オイルが髪の毛の表面をコーティングする事によって

  • 艶感たっぷりのヘアスタイルになる
  • 広がりやすい髪の毛のボリュームを収める効果
  • 髪の毛の絡まりを無くすことで不要な抜け毛を防ぐ効果がある

などの効果を得ることが出来ます。

デメリット

オイルタイプの洗い流さないトリートメントを、あまりにも付けすぎてしまうと見た目にもベタベタしてしまうので、つけ過ぎには注意が必要です。
また、元々の髪の毛が細かったり少ない人は、少し軽めのタイプのオイルを選ぶことで、そこまで付けすぎた感じが出ないのでオススメです。

ミルクタイプの洗い流さないトリートメントの特徴

ミルクタイプのトリートメントを手に出した様子

ミルクタイプの洗い流さないトリートメントには主に保湿成分が多く含まれているので髪の毛の乾燥や広がりを抑えることが出来るという事があります。

メリット

ミルクタイプの洗い流さないトリートメントの多くは、その保湿成分により

  • 硬い髪の毛に柔らかさを与えることが出来る
  • 乾燥した髪の毛を潤わせることが出来る
  • パサつきの目立つ髪の毛に見た目で艶を出す

などのような効果を得る事ができます。

また、ミルクタイプの洗い流さないトリートメントの多くはオイルタイプよりベタつきが少なく、オイルタイプに比べると軽めの質感になりやすい商品が多いので、髪の毛が細い方や少ない方・オイルのベタつきが苦手という方には非常にオススメです。

デメリット

オイルタイプの洗い流さないトリートメントと同じく、必要な量よりつけすぎてしまうと、ペタッとしてしまったり、保湿成分が多い事がマイナスに作用してドライヤーで髪を乾かすまでに多少時間がかかるようになります。
また、髪の毛をコーティングする力はオイルタイプの洗い流さないトリートメントに比較するとやや劣ります。

更にくせ毛やボリュームを抑えるという効果は商品にもよりますが、オイルに比較すると弱くなります。

まとめ

以上、オイルタイプとミルクタイプの洗い流さないトリートメントの違いについて紹介させていただきましたが、もちろんブランドや商品によってこの限りではありません。

例えば人気のエヌドットシリーズは、下記の記事でもまとめていますが、オイルよりミルクの方が重めな質感になります。

【エヌドット(N.)】シアオイルとシアミルクはどちらを使うべき?現役美容師徹底解説!

また、オイルタイプとミルクタイプの洗い流さないトリートメントの両方を出している人気のミルボンのエルジューダ シリーズについての記事も書いています。

【美容師が教える】ミルボンエルジューダ全10種類の違いや髪質別選び方(マップ付き!)

様々な情報をもとに、洗い流さないトリートメント選びの参考にしていただければと思います。