okinawa

沖縄のディープ居酒屋「山羊料理さかえ」が最高すぎた。

沖縄が大好きなとある美容師です。先日、大好きな沖縄に約1年ぶりに行ってきました。もう通算15回目以上にもなるので定番なお店や観光スポットは大体行ったつもりです。

というわけで今回はちょっとディープな沖縄を体験してみようと以前から気になっていた那覇の居酒屋さん「山羊料理さかえ」に行ってきたのでその時の模様を書いてみます。

那覇随一のディープな居酒屋

今回訪れた「山羊料理さかえ」は、有名な国際通り沿いにある竜宮通り社交街という場所の道沿いにあります。

こちらは朝に通りかかった時の写真。

独特な雰囲気が漂っています。

この看板を見つけたら20Mほど進んでいくと左手にお店があります。

事前にネットの口コミなどで調べてみたところ席数がカウンター8席くらいと個室3部屋と少なく、お一人様は予約が出来ないので確実に入るためには開店前に並んだ方がいいと書いてあったので、余裕を持ってオープンの17時より20分前に到着。

この時はまだ誰も並んでいなかったので安心して近くのマクドナルドでスマホの充電がてら時間を潰し、17時ごろに2回目の突撃。

どう見てもただの居酒屋とは思えない圧倒的ディープな佇まいです。これは初めて入るのにはなかなかの勇気が必要かもしれません。まだ誰も並んでいなくて安堵の気持ちとともにふとドアに貼り付けられた張り紙を見ると…

1回目にお店に着いた時には無かった明らかにさっき付け足されたであろう「30分」の文字が!

さすが那覇のディープスポット。これが沖縄タイムか…(笑)というわけで向かい側にある国際通り屋台村で流行りのセンベロをしつつオープンの17時半を待ちました。

ほろ酔い状態で17時半に本日3回目の突撃。お先に4名ほど並んでいました。

店主登場

予告の17時半を5分過ぎてもお店が開かず、先頭のお客さんが恐る恐るノックしてみると「今開けるからね〜」の声とともに店主の登場です。

聞くところによるとお店は基本的にこの方お一人で切り盛りされているそうです。

「待たせたね〜悪いね〜」と笑顔で案内されれば17時オープンだったことなど忘れてしまいます。

これが沖縄タイムです。

名物「山羊の刺身」

まずは入店早々もちろんオリオンビールで乾杯。

「30分待たせた分キンキンに冷えてるからね〜」

その後は名物の「山羊の刺身」をいただくことにしました。いわゆるヒージャー刺しです。

沖縄では山羊のことを「ヒージャー」と呼び、祝い事の時などに山羊料理を食べる習慣があるそうです。

恐らくこのお店に辿り着く方は、この名物の山羊の刺身が目当てで来ている方がほとんどでしょう。

店主もそれをわかっているのか「山羊刺しいる人手ぇあげてね〜」と挙手制。お客さん全員が挙手。不思議な一体感が生まれます。

このように他のお客さんが注文している時に自分も食べたいものがあったら便乗して頼むのが良いと思います。一人でやっているお店なので出来るだけオーダーはまとめてのほうが早く来ます!

あ、ちなみに店主のことは「ねーねー」と呼ぶと良いらしいです。沖縄方言で「お姉さん」のことですね。

ちなみに山羊刺しは目の前で生の山羊肉をねーねーがライブキッチンさながら切り落とし、刺身にしてくれます。

このようにいろんな部位を切ってもらえます。これを生姜醤油とにんにくを合わせていただきます。

山羊と聞くとなんだか臭さがありそうというイメージが強かったのですが、これがまた新鮮な為、全く感じません。これだけでも来てよかった。本当に美味しい味でした。至福のときです。

ハートフルな接客とサービス精神に心打たれる

また、このお店の特徴はオーダーしていないメニューまでどんどん出してくれる「ねーねー」のサービス精神です。

この日もスクランブルエッグや山羊焼き・ポテトチップスやコーヒー泡盛に辛いソーセージなど、頼んでいないおつまみに最適なメニューをたくさん出してくれました。

ちなみにこのポテトチップスは、途中でお釣りが足りなくなってしまい両替がてら買ってきたとのこと。お店にいた人みんなに1人1袋ずつ配っていました。

一旦1000円貸した記録も。この後落ち着いた時を見計らい「ちょっとだけお店よろしくね〜」とお客さんを残し両替に出かけていきました。

都会ではまずお目にかかれないであろう、ザ沖縄?的ななんともハートフルな接客に心打たれます。

山羊焼きなんかもとても美味しいです。ジンギスカンが好きな方は間違いなくハマることでしょう。

ソーセージも美味しい美味しいと話していたらまだ開けてないパックに入っているやつをお土産にと持たせてくれました。

なんてサービス精神…

締めには「山羊汁」

締めにはこれも美味しいと評判の「山羊汁」をいただきました。

よくあるテールスープのような味をイメージするといいかもしれません。若干のお乳っぽい味とともに泡盛でほろ酔いしている全身に旨味が染み渡ります。こちらも最高の味でした。

まとめ

なんだかんだオープンの17時半から5時間ほど経過した22時半ごろまで滞在。

夜の雰囲気もまた素晴らしい。

気づけばカウンターで隣に座っていた見ず知らずの一人旅青年とその隣にいた、このお店の常連さんと過去の沖縄談義をしたりしてずっと飲んでいました。このお店を選ぶくらいなのでお二人とも何回も沖縄に訪れていましたよ。

(常連さんには私と青年の分のお酒までご馳走になりました。この場を借りて感謝です。)

沖縄が大好きな方が集まるお店だと思うので島に渡る予定のある方は離島に関するいい情報が聞ける可能性があるかもしれませんね!

※本島から行ける離島についても記事を書いています。

【1泊2日】沖縄本島から日帰りも可能な離島「渡嘉敷島」でウミガメと泳げる!

慶良間諸島座間味島を120%楽しむには?(ケラマビーチホテル宿泊記)

【綺麗なビーチ】沖縄本島から日帰りで行ける離島BEST3!

ということで5時間でたらふく食べて飲んでお会計はまさかの3600円でした。安っ!

帰り際には「また来てねーバイバーイ!」と店主のねーねーからさんぴん茶の缶を渡されました。

と、こんな感じで「ザ・沖縄」を満喫できることでしょう。

是非ともまた訪れたい、心から大満足なお店です。(沖縄初心者にはハードル高めかもしれません…笑)

ということで。ちょっとハードルが高く感じた沖縄初心者な方はこちらの記事もご覧下さい。

【初めての沖縄旅行】知っておくと必ず得する注意点を沖縄マニアが解説!

また、今回紹介したお店の他にも沖縄の美味しいお店をいくつか紹介しています。

【沖縄料理居酒屋】国際通りからすぐの「ゆうなんぎい」がコスパも味も最高!

【沖縄】絶品アグー豚しゃぶしゃぶ「まつもと」が美味しすぎて悶絶!

よろしければこちらの記事も合わせてご覧下さい。

店舗情報

山羊料理 さかえ

場所

営業時間 17:00~23:00

定休日 日曜日(要電話確認、基本定休日とのこと)

TEL 098-866-6401

予約 カウンター席の予約は不可なため、お一人様は開店前から並ぶのが確実