パーマ
hair tips

美容師が教える!今さら聞けないデジタルパーマとパーマの違い

沖縄とヘアセットが大好きな美容師です。

春になると増えてくるのがパーマのオーダー。

少しずつ暖かくなる気候になんだかワクワクしてヘアスタイルもパーマでもかけて変えたい気分になりますよね!

パーマヘアスタイル

そこで今回は美容室でパーマをオーダーする時に注意しておきたい事や今更聞けないデジタルパーマについてなど現役美容師である私が出来るだけ一般の方にわかりやすくまとめてみました。

美容師が教える今更聞けない普通のパーマとデジタルパーマの違いとは?

現在では多くのサロンで取り入れられているであろうデジタルパーマ。通称デジパー。しかしまだデジパーをかけたことがなくどんなものかもよくわからず怖いなという印象を抱いている方も多いのです。

『普通のパーマより傷むんでしょう?』

『くるくる縦ロールヘアになっちゃうんでしょう?』

そんな言葉をよくお客様から聞きます。。

普通のパーマの特徴

パーマ

  • 基本的に熱を加えずにかける
  • 濡れている時にウェーブが強く出る
  • 乾かすとウェーブが濡れている時より弱くなる
  • パーマの持ちは通常1ヶ月〜2ヶ月ほど
  • 通常のかかり方をする方であればデジタルパーマほどの傷みを感じない
  • 髪の毛が柔らかくなった感じがする
  • 極ゆるなパーマは取れやすい・スタイリングが難しい=乾かす時にテクニック・慣れが必要
  • 根元からしっかりとしたボリュームを出すことが可能

デジタルパーマの特徴

デジタルパーマ

  • 機械で熱を加えてかける

デジタルパーマ

  • 濡れている時はウェーブが思っているより弱く感じる場合がある
  • 乾かすとしっかりとした理想のカールが出てくる(別名形状記憶パーマ)
  • 縮毛矯正と同じお薬・似た原理を利用してかける
  • つまりパーマの持ちが良い(縮毛矯正をかけている方ってかけた場所は基本的にずっとストレートですよね?デジタルパーマも一応半永久的に持ちます。ただパーマなので重力には勝てないので通常36ヶ月でカールがだらけてきます)
  • 1度かけると次に長さをあまり変えずにパーマをかけたくなった時、かけた場所はまたデジパーにしないとパーマのかかり方が悪くなることが多い
  • 普通のパーマがかかりづらかった方でも綺麗にパーマがかかる場合が多い
  • 熱でかけるパーマなので根元の根元ギリギリからかけるわけにはなかなかいかない・・・
  • 普通のパーマよりも髪の毛が硬くなった感じがする場合が多い(傷んだと感じる)
  • 極ゆるなパーマでも再現性が高い=乾かすだけで狙いのスタイルになりやすい
  • 縮毛矯正を続けてきた方でも髪の毛の状態次第で挑戦しやすい

パーマをずっとかけてきてダメージが心配な方へ・・・

ダメージヘア

特にデジタルパーマをかけ続けてきた方や過去、縮毛矯正を繰り返してきている方は髪の毛への負担が蓄積してきていてもうパーマをかける事自体が限界であるという場合があります。そのような場合は無理をしてパーマをかけずにコテ巻き名人になるという方法もあります。

ヘアビューロン

コテ自体もヘアビューロンを始めとする、高級ではありますが美容師目線で見てもダメージの非常に少ないタイプのものが増えてきています。

パーマヘアスタイル

SNS全盛の現在では簡単な巻き方の動画などがそこら中に溢れています。それをみながら毎朝少しずつ上手くなるのも手かも?!

パーマをかけたい時は出来るだけ自分の髪質を少しでも理解してくれている美容師さんにお願いしてみよう!

カウンセリング

パーマという施術は我々プロの美容師でも薬剤の選定がカラー以上に繊細で知識や経験、またそのお客様の髪の毛の情報をたくさん必要とするものになります。

例えば美容師側は、このお客様はカラーの反応が予想以上に早かったので次回もしパーマをかける場合は薬剤の選定に注意する必要がありそうだ。などetc…色々な情報をお医者さんのようにカルテに記録しています。

その為、初めての場所でパーマをかけるよりかは、何度かヘアカラーなどでお願いしているお気に入りの美容師さんにお願いする方が髪の毛の情報が多くなり成功する確率が高まります。

またヘアカラーの時などでもそうなのですが自分の髪の毛の情報を伝えることができる限り伝えておきましょう!

(前回のパーマの時期・デジパーだったかパーマだったか?・縮毛矯正をかけている髪の毛かどうか?セルフカラーをしているか?ヘナやマニキュアをしているか?ブリーチをしているか?毎日ドライヤーで乾かしているか?などなど・・・)

これらの情報がパーマをかける側の美容師にとってもとても大事だったりします!色々聞いてくれる美容師さんであれば安心ですが、もし聞かれなかった項目がある場合は覚えている限りの範囲で自分から伝えてみるとさらにパーマ成功の確率が高まると思います!

まとめ

春になると挑戦したくなるパーマスタイル。これらのことを少しでも意識しておくと理想のヘアスタイルにまた一歩近づくことができるかもしれません。この春パーマをお考えの方の少しでも参考になれば。。。

また、似た原理・同じような薬剤を使用している縮毛矯正やストレートパーマについての記事も書いています。

【美容師が教える】今更聞けない縮毛矯正とストレートパーマの違いって?

よろしければこちらも合わせてご覧ください。