hairstyle

【2020春夏】濃いめブルージュで今年トレンドの艶々暗髪!

美容師をしているものです。

今回は2020年のトレンド「暗髪」が叶う「濃いめブルージュ」のヘアカラーを紹介します。

そもそも濃いめブルージュとは?

ブルージュとは「ブルー」と「ベージュ」を合わせた造語になります。

通常のベージュ系のヘアカラーに青っぽさが加わることで、赤みの出にくい外国人風な髪色に仕上がります。

また、濃いめに入れておくと黒髪に近いんだけれどもなんだか透けてる質感のある「暗透カラー」を楽しむことが出来て普通の黒髪とは差をつけることが出来ます。

髪の毛の色について厳しい職場の方などにもオススメなヘアカラーです。

艶々暗髪になる濃いめブルージュ!

早速完成スタイルをご紹介。

6トーン設定でヘアカラーしています。日本人の黒髪より二段階明るいぐらいなので、暗めのヘアカラーとはなりますが、どこか透けたような暗くても重すぎない質感のヘアカラーになりました。

使用カラー剤レシピ

今回はアディクシーカラーを使用しました。

  • 5コバルトブルー(メイン)
  • 3パープルガーネット(サブ)
  • 9アメジスト(少量)

※アディクシーカラーについてより詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧下さい→→→【美容師が教える】アディクシーカラーとは?特徴を徹底解説!

アディクシーカラーの暗めは、独特の透明感を出すことが出来るので重たく見えすぎずオススメです。美容師視点でも非常に重宝するカラー剤です。

まとめ

今回紹介したヘアカラーの他にも2020春夏シーズンにオススメなヘアカラーをいくつか紹介しています。

【2020春夏】「シルバーグレージュ」ブリーチなしでダブルカラー的透明感を出すアディクシーカラー!

【2020春夏ヘアカラー 】暗めラベンダーベージュ(ラベージュ)が可愛い!

【2020春夏】アディクシーカラーのコバルトブルー+アメジストで艶々「ライトグレージュ」

【tintbar(ティントバー)】ベリーベリーピンクでつくる暗めピンクベージュで春まで長持ちヘアカラー!

【2020春夏ヘアカラー 】ラベンダーグレーが透明感抜群で可愛い!

【2020春夏】「ピンクラベンダーグレー」色素薄めなヘアカラーがトレンドの予感!

よろしければこちらの記事も併せてご覧下さい。