hair tips

【育児中】どうしても髪の毛を乾かす時間が無い時に・・・現役美容師がオススメする最後の手段!

沖縄とヘアセットが大好きな美容師です。

年末に向けてヘアスタイルを整えておきたい方が増えてくる時期ですね。

この時期は特にたくさんのお客様の髪の毛をカットさせていただいています。

そんな中、今日のお客様から相談されたのが

『子育て中でどうしてもお風呂上がりに髪の毛を乾かす時間がない!』

というご相談。

こちらの相談よくされるので心当たりのあるママさんも多いのではないでしょうか。。。

髪の毛を乾かさない日々が続いてしまうとどうなる?

これ非常に危険なんです。

美容室に行くたびに美容師からよく言われるかもしれませんが、髪の毛にはキューティクルという髪の毛の成分を守る蓋のような役割をするものがあります。

このキューティクル、濡れた髪の毛では開いていてドライヤーで乾かすことで閉じます。

つまり髪の毛を濡らしたままにしておくとキューティクルが開きっぱなしに=蓋が開きっぱなしの状態に!

そのため、髪の毛内部の水分や栄養分が抜けやすい状態になってしまいます。

そうすると髪の毛はどんどん乾燥毛状態になってしまいます。⇨パサつきの原因

また、キューティクルは摩擦に弱いのでそのまま寝てしまうのも枕との摩擦で傷んでしまいます。

さらに濡れたままの髪の毛は雑菌が繁殖しやすく、嫌な匂いの原因となってしまうことも。。。

なので、お風呂上がりの髪の毛は可能な限り乾かしたいのが本音なところです。

が、今回のお悩みは乾かす時間がどうしても取れない場合ということで…

育児中などでどうしても髪の毛を乾かす時間が無い時にしてほしい最後の手段をご紹介。

タオルドライだけでもしっかりとしておく!

これは乾かせる場合でもそうなんですけどタオルドライをしっかりとしておけばおくほど、ドライヤーで乾かす時間が短くなります。

美容師目線でみても乾くのに時間がかかりそうだなと感じた場合はタオルを何枚も使用してしっかりと髪の毛の水分を取り除きます。

この性質を利用して、どうしても乾かせない方はタオルドライだけでも念入りに行っておきましょう。

洗い流さないトリートメントを使用して髪の毛に蓋を作っておこう!

乾かせない=髪の毛の蓋が開きっぱなし

ということで乾かせない場合は蓋を作ってしまいましょう!

こういう時にオススメなのが割と重ために仕上がるオイルタイプの洗い流さないトリートメント。

個人的にはこちらのモロッカンオイルがオススメです!

重めでかなり蓋をしてくれてる感が強いです。

そもそもオイルは擬似的なキューティクルを作ってくれる役割があるのでこれが蓋効果をしてくれて髪の毛内部の成分が逃げていきづらくなります。

タオルドライ後の髪の毛にしっかりと馴染ませて『蓋になれ〜蓋になれ〜』と思いを込めながらケアしておきましょう。

モロッカンオイルについてはこちらの記事でも触れています。

→→→【美容師が教える】今更聞けないモロッカンオイルの特徴や使い方って?

せっかくなら蓋の前にもう1ケア!

もし後10秒だけ時間が取れそうなら。。というか是非取ってください!

こちらのモロッカンオイルを使用する前にクオルターという髪の毛の内部を補修する成分がたくさん入っているトリートメントを使用するとさらにオススメです!

濡れていて蓋が開いている状態の髪の毛に、クオルターで栄養を入れ込みモロッカンオイルで蓋をするイメージですね。

クオルターについてはこちらの記事で詳しく触れています。

エヌドット(N.)でお馴染みナプラの洗い流さないTR「クオルター」がマジで良すぎる!

まとめ

もちろん髪の毛のためには乾かした方が良いのですが。。

時間がない育児中なママさんなどには最低限のケアが今回ご紹介した方法でできると思います。オススメですよ!