blog

【2泊4日】弾丸ロサンゼルス観光はどれだけ楽しめる?!

32歳のおっさん美容師です。職業柄あまり休みは長く取れない方です。(最大4日間)

これまでは夏休みが取れても、遠くても沖縄で国内旅行をメインに過ごしてきました。しかし、このままではただの沖縄マニアおじさんになってしまうと常日頃感じていました。

そこで今年は思いたち、美容師としても大好きな外国人風ヘアスタイルを現地でさらに実感したい想いに加えて

「大好きな大谷翔平を観たい」

「ベニスビーチやサンタモニカビーチで海を見ながらゆっくり過ごしたい」

というかねてからの思いを叶えるべく、弾丸でのロサンゼルス一人旅に決めました。

今回の記事ではその時の旅行記でも綴りたいと思います。同じような事を考えている方の少しでも参考になれば…

日本とロサンゼルスの時差

17時間になります。

日本の方がロサンゼルスの時刻より17時間進んでいる計算です。

簡単に計算するには、日本での時刻に7時間プラスして日付を1日戻すとロサンゼルス時間になりますね!

※サマータイム実地時(3月第2日曜日〜11月第1日曜日)は16時間となります。

ロサンゼルスの気温

比較的1年中気候が良いとされるロサンゼルス。

私が訪れた9月下旬ごろの4日間は最低気温18℃〜21℃。最高気温26℃〜30℃で推移していました。

日中は日差しが強く西海岸のイメージ通り半袖短パンでちょうど良いです。

しかし朝晩は涼しくなるので羽織るものも合わせて持っていくのがオススメです。

現地の方は朝晩フード付きのパーカーや、ユニクロのウルトラライトダウン的なものを羽織っている方が多かったです。(これがまた非常にカッコ良く見えるのです)

日本からロサンゼルスまでのアクセスって?

日本からはやはり直行便で行きたいところ。成田空港からの場合、JAL・ANA・ユナイテッド航空・アメリカン航空・シンガポール航空などが1日に1~4便ほど就航しています。

成田空港

ちなみに今回の旅はANA便で、成田空港出発が16:05。飛行時間9時間55分のフライトで日付変更線をまたぎ、ロサンゼルス空港到着がその日の10:00になりました。

成田空港の様子

飛行機でうまく寝ることが出来れば初日から観光が楽しめる旅程になります。

ロサンゼルス国際空港(LAX)到着

ロサンゼルス国際空港(LAX)は9つもターミナルがありとっても広いです。

ロサンゼルス国際空港(LAX)のマップ

ユナイテッド航空公式ホームページより引用

日本からのANA便の場合は「トム・ブラッドレー・国際線ターミナル(TBIT)」というターミナルに着きます。

トム・ブラッドレー・国際線ターミナル(TBIT)
トム・ブラッドレー・国際線ターミナル(TBIT)

まずはここからフライアウェイ(FlyAway)という高速バスでハリウッドを目指すことにしました。

ロサンゼルス国際空港(LAX)からハリウッドまでのアクセス

フライアウェイの看板

空港の外すぐにあるこの緑の看板が目印です。

フライアウェイ(FlyAway)公式サイト

車社会だけあってタクシーやUberで向かうのも手なのですがこのフライアウェイが行ける場所であれば断トツで割安で済みます。

※ロサンゼルス空港からハリウッドまで行く場合

  • タクシー 約$50+チップ15~20%
  • Uber         約$23~25+必要に応じてチップ
  • FlyAway $8(チップなし!毎時15分発)

また、車の運転に自信がある方はレンタカーも一日$60ほどで借りることが出来るのでオススメです。

ロサンゼルス空港の周りはビュンビュンとバスやタクシーなどの車が走っています。

ロサンゼルス空港の周り

バス停っぽい場所もたくさんあり、非常に分かりづらいですが先ほどの緑の看板の近くにさえいれば毎時15分ごろに必ずバスがやってくるので気長に待ちましょう。ハリウッドまで約50分ほどの旅になります。

ハリウッド到着!とりあえずベタに観光!

ついに着きました観光名所「ハリウッド」!

ハリウッド

 

ハリウッド

 

ハリウッド

ハリウッドにあるマイケルジャクソンのウォークオブフェーム
マイケルジャクソン!
ララランド
ララランド!

いや〜日本を出てから12時間。海外来た感を実感出来ます。

この時点で現地時間でちょうどお昼頃。というわけで日本にもあるLA発祥のウマミバーガー(UMAMI BURGER)を食べてきました。

ウマミバーガー

ウマミバーガーのハンバーガーセット

ウマミバーガーハリウッド店のトリップアドバイザーページ

肉厚でメチャクチャ美味い!日本で食べるのとは違う気がしますよね。きっと…

ベタにハリウッドサインも見ておきましょう。

ハリウッドサイン

CDの押し売りに注意!

有名なチャイニーズシアターの前あたりでは日本人を狙ったCD押し売りをする人がいます。

事前にこの辺りでは仮装した人から写真を撮ろうと言われてチップを要求される話を聞いていたので気をつけていたつもりだったのですが…

CDを押し売りしてくる人は最初

「No Money OK! No Money OK!」

と言ってティッシュ配りのようにCDを押し付けてきます。

ドルビーシアター沿いの通り
この通り沿いにはCDを押し売りする人がたくさん…

ここでCDを受け取ってしまったが最後。

「Where are you from?」と聞かれて「Japan」と答えると勝手にそのCDにサインをし出します。

ここからは英語力のない私の予想ですが「この時点でこのCDは世界で一つだけのCDになったぞ!さあチップをくれよ!」と英語で強めに言われます。

渋っていると拙い日本語で「二十ドル二十ドル」と要求してきます。

私はこの時現金をあまり持っていないふりをしたので逃げ切りましたが、ネットなどで見ていると中にはちゃんと20ドル取られた方もいたり…その後こっそり見ていたら日本人ばかり狙っていました。

やはり日本人はこのような事に狙われやすいのか…日本人観光客の皆様、ハリウッド観光の際にはこのチャイニーズシアター近くの辺りは本当に気をつけましょう!

この後はこの旅一番の目的、大谷翔平選手の所属するエンゼルスの試合を観戦しにアナハイムにあるエンゼルススタジアムへ向かいます。

ハリウッドからエンゼルススタジアム(アナハイム)へのアクセス

エンゼルススタジアムのあるアナハイム方面へは少し距離があります。これもたくさん行き方はあるのですが、今回は電車を駆使して向かってみました。

まずはハリウッドからメトロレールという地下鉄に乗ります。

メトロレール入り口

車社会のロサンゼルスですが、地下鉄もちゃんと通っているんです。

メトロレールの券売機

こんな感じの券売機で日本でいうsuica的なTAPカードというものを購入($2)します。

tapカード
tapカード

このカードに使用したい料金をチャージするようなイメージです。(片道乗車だけなら$1.75)それを読み取り機にタッチして駅に入場します。

駅員が全くいないので、もしチケットの買い方がわからない場合などは現地の方に助けを求めることになってしまいます…頑張りましょう!笑

メトロレール内部

ユニオンステーション駅を目指しましょう。

ユニオンステーション駅は非常に歴史のある駅なので観光にもなりそうです。

ユニオンステーション駅の待合所
素敵な待合所

ユニオンステーションの壁画

このユニオンステーション駅に着いたら、メトロリンクに乗り換え「オレンジカウンティーライン」でエンゼルススタジアムが目の前のアナハイム駅を目指します。

メトロリンク

メトロリンクの券売機の近くには係の人が必ずいるみたいだったので、しっかり確認して乗り間違えないようにしましょう!

約45分の旅となります。($8.75)

エンゼルススタジアム到着!念願のメジャーリーグ観戦!

今回、帰りの治安が心配だったので初日のホテルはエンゼルススタジアムからすぐ近くのエアズホテルアナハイム(Ayrs Hotel Anaheim)に宿泊しました。

エアズホテルアナハイムのBooking.comページ

というわけで早速チェックインがてら荷物を置きに行きます。

エアズホテルアナハイム(Ayrs Hotel Anaheim)

エアズホテルアナハイム(Ayrs Hotel Anaheim)の部屋

部屋もとても広くこれで$150ぐらいで朝食付きだったので非常にお得に感じました。

いざ、今回の観光で一番の楽しみ「エンゼルススタジアム」へ!

エンゼルススタジアム

とりあえずビール。野球好きには最高の気分です。この日の2週間ほど前に「大谷翔平、膝の手術で今季絶望」というニュースを目にした事など忘れるくらいはしゃげます。

「大谷翔平、膝の手術で今季絶望」のニュース
絶望的なニュースの記念スクリーンショット・・・(涙)

しかしこの日はなんと「Shohei Ohtaniデー」的なイベントが…

大谷翔平の顔がそこら中にプリントされたtシャツ

大谷翔平の顔がそこら中にプリントされたtシャツを入場時にプレゼントされました。大谷への想い再燃。

「あぁ、大谷観たかったなあ…」

それでも本場で観るメジャーの試合は最高でした!

ホットドッグ

ベタにホットドッグを食べたり、アメリカ国歌斉唱やメジャーの球場といえばな曲「take me out to the ballgame」を生で聴けたりして本場に来た感覚をより実感出来ました!

エンゼルススタジアム

素晴らしい球場でした!

※エンゼルスの帽子が欲しい方は現地の球場公式ショップで調達した方が日本のニューエラストアで買うよりも1500円ほどお得ですよ!大谷グッズなども現地で調達する方がお得です!

試合が終了するころは現地時間で22:00過ぎとなりますが、ホテルも徒歩10分もかからないほど近くで安全な帰り道でした!2020年に大谷翔平選手目当てで行く方にもオススメなホテルです!

次の日の朝食はこんな感じ。

エアズホテルアナハイム(Ayrs Hotel Anaheim)での朝食

これにパンケーキをプラスで焼いてくれますよ!

アナハイムからロングビーチへのアクセス(Uberで移動)

2日目は雑誌SafariのLA特集に出ていたお店に行くがてらロングビーチに観光しに行くことに。

こちらに出ていた、行きたかった洋服屋さん「SEAMS」があったのでロングビーチのダウンタウンに向かいました。

ここで初めてUberを使用してみました。

Uber

Uberのルート

日本では都心部以外ではまだイマイチ浸透していないUberは本当に便利です。アプリ上で支払いが完結し、ルートも決められたルートを走ってくれるだけなので海外旅行の際には非常に安心して使用出来ます。

チップの支払いもアプリで行うことが出来るので利用者はただただ乗って降りるだけ。素晴らしいサービスです。

ロングビーチ

というわけで目的地のロングビーチにたどり着いたのですが、行きたかったお店はなんと休業日…ちゃんと調べればよかったです。

仕方なくとりあえずロングビーチで人気のカフェであるThe Breakfast Barでランチを取ることにしました。

The Breakfast Bar

The Breakfast Barのアボガドサンドイッチ

The Breakfast Barのトリップアドバイザーページ

ここのアボカドサンドイッチがとても美味しかったです!

ロングビーチからサンタモニカピアへのアクセス(バスと電車で移動)

2日目のメインの予定はサンタモニカビーチベニスビーチでのんびり観光することに決めていたので、この後はサンタモニカピアを目指しました。

ロングビーチから30分ほどバスに乗り…($1.75)

7th st/metro cente駅を目指します。

そしてこの駅からサンタモニカピアまで路面電車エキスポライン(Expo Line)で向かいました。

エキスポラインの駅
途中寝ぼけて降り間違えた1駅手前の駅・・・

サンタモニカピア観光〜ベニスビーチ散歩!

サンタモニカの看板

憧れのサンタモニカの看板。ついにやって来ました!しばらくお散歩がてら観光します。

サンタモニカピア

サンタモニカビーチ

サンタモニカピアのババガンプシュリンプ

サンタモニカビーチ

ビーチは沢山の人達で賑わっていました。

サンタモニカビーチ

なんだかいい感じ。

ルート66の看板に並ぶ大行列

有名なルート66の看板は大行列です。ちなみにこの日の気温は29度ほどを指していました。tシャツ脱げるぐらい気持ちの良い天気です。

ここからベニスビーチ方面まで散歩してみます。

ベニスビーチ沿いの散歩道

ベニスビーチ沿いの散歩道

騎馬警察
騎馬警察。かっこよすぎ!

ベニスビーチ

ベニスビーチ沿いの散歩道

どこを切り取ってもカッコいい散歩道。最高の気分でした。

ベニスサイン

有名なベニスサイン。

ベニスビーチのウォールアート

ベニスビーチのウォールアート至る所にあるウォールアートもステキです。

一旦今回の2日目のホテル「ザ・ローズホテル(THE ROSE HOTEL)」にチェックイン。

ザ・ローズホテルのBooking.comページ

ザ・ローズホテル(THE ROSE HOTEL)

ザ・ローズホテル(THE ROSE HOTEL)の部屋

お洒落な部屋にテンションも上がります。

荷物を置いて、こちらも雑誌Safariに出ていた洋服屋さん「ローンウルフ(LONE WOLFS)」までUberで向かいました。

ローンウルフ(LONE WOLFS)

買いたいtシャツも買えて大満足でベニスビーチに戻ります。目的は夕暮れ散歩。

ベニスビーチ

ベニスビーチのパームツリー

陽が落ちてくるとパームツリーがより映えます。

ベニスビーチ

ベニスビーチ沿いの道

サンタモニカからベニスビーチまで来た道をもう一度戻りサンタモニカピアへ向かいます。

ベニスビーチ沿いの街並み

もう街並みが本当に美しい!1日中いても飽きません!

夜のサンタモニカピア

夜のサンタモニカピア。

夜のルート66の看板

夜はルート66の看板も空いています。

夜のサンタモニカに入場するときにはセキュリティチェックがあるので変な物を持っていかないように注意しましょう!

サンタモニカピアでは、ロブスターを食べたかったのですが行きたかったお店が満員。。

本当は行きたかったサンタモニカの大人気店「ザ・ロブスター」のトリップアドバイザーページ

人気店なので予約必至なようですね。

というわけで近くのお店シーサイド・オンザピア(Seaside on the Pier)で安パイの中の安パイであるシュリンプカクテルとフィッシュ&チップスをつまみにビールを楽しみました。観光地価格の多い周辺の店舗の中では割と安価で良かったです!

シュリンプカクテル

フィッシュ&チップス

seaside on the pierの生ビール

Seaside on the Pierのトリップアドバイザーページ

さらにホテルに戻る途中、ベニスビーチの人気店「On the Waterfront Cafe」で飲み直し。

On the Waterfront Cafeのトリップアドバイザーページ

On the Waterfront Cafe

気付けばもう22:30ぐらいだったのでホテルに戻りました。

ザ・ローズホテル(THE ROSE HOTEL)

ザ・ローズホテル(THE ROSE HOTEL)の廊下

ザ・ローズホテル(THE ROSE HOTEL)の部屋

ザ・ローズホテル(THE ROSE HOTEL)の内装とても素敵でした!

ちなみにこの後23:00過ぎにもう一度外に出てみたのですが、夜のベニスビーチは流石に人が少なく公衆トイレからは男の人が何度も叫び声をあげていたり…やっぱり夜の外出はちょっと怖かったです。

くれぐれも夜のベニスビーチ一人歩きはやめましょう!

朝のベニスビーチ〜サンタモニカ散歩

翌る日、朝6:00から周辺を散歩してみました。

朝のベニスビーチ

朝のベニス

朝のベニス

いちいちお洒落なんです。

6:00からオープンしているアースカフェ(Urth Caffe)へ。

アースカフェ(Urth Cafe)

アースカフェ(Urth Cafe)

アースカフェ(Urth Caffe)のトリップアドバイザーページ

テラスでカフェオレを。

日本でも代官山や表参道・湘南などに店舗がありますね。

最近では話題の「渋谷スクランブルスクエア」にも出店されました。→→→【渋谷スクランブルスクエア】LA発のアースカフェ(Urth Caffé)に早速行ってきた。

ちなみにカリフォルニアの朝は16度と少し肌寒いくらいです。こちらのテラス席もヒーター付きです。

さらにカフェはしご。行きたかったザ・ローズベニスへ。

ザ・ローズベニスの入り口

ザ・ローズベニスのピーナツクリームパンとコーヒー

ここのピーナッツクリームパンとコーヒー美味しかったです!なにより店内が超お洒落!ベニスビーチ周辺を観光した際には是非行ってみてほしいお店です。

ザ・ローズベニスのトリップアドバイザーページ

ベニスビーチからロサンゼルス空港へバスで移動

2泊4日の長いようで短い観光もこの日でおしまい。弾丸旅行の最終日は11:30発の飛行機だったので空港でのお土産タイムやラウンジタイムを楽しむために8時前にはベニスビーチを出発。

ホテルから1kmほど離れたバス停からバスに乗り空港まで向かいました。($1.75)

ロサンゼルスのバス

ちなみにロサンゼルスのバスはwifiが使えます。便利ですね〜!

今回の日本への便はユナイテッド航空だったので第7ターミナルへ向かいます。バスの終点から歩いても行けますが、空港内無料循環バスが出ているのでそちらを利用しました。

ロサンゼルス国際空港(LAX)

LAX到着!

プライオリティパスを持っているので出国審査後、お隣の第6ターミナルにあるアラスカラウンジへ。

アラスカラウンジ

アラスカラウンジ

スマホで撮影した写真を見返し、今回の弾丸2泊4日観光を振り返りゆっくり過ごして帰りの飛行時間およそ11時間の長旅に備えました。

ちなみに帰りのダイヤはユナイテッド航空でロサンゼルス空港11:30発。日付変更線をまたいだ10時間40分のフライトの後、次の日の15:10に成田空港着でした。

成田空港

無事に日本到着!

弾丸ロサンゼルス観光で感じたことと反省点

  • お金に余裕があればUberをガンガン使いまくるのが一番時間を無駄にしないし楽!
  • そんなにセカセカした旅を求めていなければバスや地下鉄を駆使すると交通費をかなり抑えることが可能
  • ハリウッドでのCD押し売りは要注意!
  • ビバリーヒルズも寄れたなあ…
  • ロングビーチに行かなければサードストリートプロムナードをゆっくり観れたなあ…
  • ロサンゼルス空港はとっても広いので時間に余裕を持った行動を
  • やっぱり観たかった大谷翔平…
  • 控えめに言ってLA最高!

最後までお読みいただきありがとうございました。

また、美容師としても西海岸の雰囲気が好きすぎてそんな外国人風なヘアスタイルばかり作っています。

 

□オススメ記事

今回のような弾丸旅行や沖縄が大好きでこんな記事も書いています。

 

よろしければこちらも合わせてご覧ください。