改良湯
sauna

【渋谷】お洒落銭湯「改良湯」のサウナでととのう。

サウナが大好きな美容師です。

先日、渋谷にあるお洒落銭湯「改良湯」を訪れてきました。

1916年(大正5年)創業の非常に歴史のある銭湯です。

以前は、いかにもザ・銭湯なイメージのお店だったのですが2018年のリニューアルでお洒落銭湯に生まれ変わりました!

「改良湯」へのアクセス

改良湯は渋谷駅と恵比寿駅のちょうど真ん中あたりに位置しています。

行きは渋谷駅から・帰りは恵比寿駅へという行き方にしましたが、どちらも徒歩15分かからないぐらいでした。

住所:〒150-0011 東京都渋谷区東2-19-9

改良湯
改良湯の外観。クジラのウォールアートが目印です。

※駐車場・駐輪場はありませんが、すぐ近くにコインパーキングがありました。自転車はお店横にチラホラ止めてありました。

改良湯の入り口
入り口もお洒落。
改良湯の下駄箱
下駄箱もお洒落

営業時間

月〜金 :15:00〜24:30

日・祝日:13:00〜23:00

土曜日が休業日となります。

最終入場は閉店30分前まででした。

料金

  • 大人  470円
  • 中学生 300円
  • 小学生 180円
  • 未就学児(2人目まで無料)  80円
  • 共通入浴券(10枚) 4400円

また、サウナ利用の場合は別料金で+350円になります。(バスタオルセット付き)東京都内の銭湯施設でよくあるパターンですね!

つまりサウナまで利用される方はタオルも持ち込まずに利用が可能です!

ちなみに入浴券はこちらの券売機で購入するのですが、suicaなどの各種交通ic及びPayPayでの支払いに対応しています。

さすが渋谷。最先端銭湯です。

タトゥーについて

改良湯はタトゥー禁止ではないようです。

私が訪れた日もたくさんのタトゥー入りの方がいました。

いざ入浴!

ここから先は撮影不可のため公式ホームページより写真を拝借。

洗い場
お洒落な洗い場
お風呂と炭酸泉
手前が普通のお風呂。深めのマッサージ風呂もついています。奥に見えるのが炭酸泉になります。
サウナ
サウナは遠赤外線式で2段タイプ。温度は110度ほどのなかなかのアツアツです。
水風呂
お楽しみの水風呂はサウナのすぐ隣。

改良湯公式ホームページより引用

さすがリニューアルからまだ1年ほどというだけあって綺麗でお洒落です。

黒を基調とした空間は個人的には八丁堀の「湊湯」を思い起こさせました。→→→【八丁堀】皇居ラン+お洒落銭湯『湊湯』+最高のラーメンで最高の夜完成!

渋谷と恵比寿の中間という土地柄、もちろん時間帯にもよるのでしょうが常に人は多めでした。(平日15:30から1時間半滞在)

ちなみに、サウナーの方にはお馴染みであろう「ととのい椅子」が脱衣所の一脚のみになります。よって水風呂から出た後は洗い場の椅子でととのっている方も多く見られました。(その為混雑しているように見えやすいかも?)

普段、広々としたスーパー銭湯に慣れている方はこの辺りは注意点かもしれません。

脱衣所は洗面台が3台のみだったので譲り合いの精神で髪の毛を乾かしたりしましょうね!(ドライヤーは3分20円)

また、洗面台にはバルクオムの化粧水と乳液も置かれていました。

さすが渋谷のお洒落銭湯。

休憩スポットもお洒落!

休憩スポット
休憩スポットから見たお風呂の入り口。雑誌も普通の銭湯には置いていないようなセレクトです。
ドリンク
ドリンク類も充実。沖縄好きな私には堪らないオリオンビールも!

オリジナルのタオルなどのグッズも展示されていたので早めに上がって友人を待つ場合などにもゆっくり飽きずに待てそうです!

まとめ

「改良湯」は、渋谷と恵比寿という立地からも若い方が多そうなイメージでしたが実際に行ってみると年配の方も近隣のお洒落ショップで働いていそうな若者もサラリーマンの方もいて、年齢層は非常に幅広めでした!

場所柄、日本を訪れた外国人の知り合いの方に日本の銭湯を紹介する時などにも使えそうです!

今回紹介した「改良湯」の他にもオススメな入浴施設をいくつか紹介しています。

 

□オススメ記事

また、サウナ大好きな美容師目線からサウナと髪の毛の関係性についても記事にしています。

さらに、渋谷を訪れた際には2019年オープンの最新施設「渋谷スクランブルスクエア」に立ち寄るのもオススメです。

 

よろしければこちらの記事も合わせてご覧ください。